最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

ホーム画面にアプリをたくさん置きたい人に朗報。今度のGalaxyはホーム画面のグリッドが変更可能!!

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

白いタイル

先日テーマの切り替えについての記事を書く際に偶然発見したのですが、今度のGalaxy S6/S6 edgeは画面グリッドの変更が可能なんですね。

私はホーム画面にアプリをなるべく置かない主義なので、あまり必要な機能とは思わないのですが、ホーム画面にとにかくたくさんアプリやウィジェットを置きたい人には朗報なのではないでしょうか。  

スポンサーリンク

画面グリッドの変更方法

①ホーム画面の何も表示されていない部分をロングタップします。

②画面下部にメニューが表示されるので、<画面グリッド>をタップします。

Galaxyグリッド設定

③画面グリッドの設定画面が表示されるので、<4×4><4×5><5×5>のうちからお好みのグリッド表示を選択します。

Galaxyグリッド設定2

④最後に画面下部に表示されている<適用>をタップして設定完了です。

あとはホーム画面に戻って、設定が適用されているか確認しましょう。  

各グリッドを使ってみた感想

<4×4>のグリッドは、これまでGalaxy端末を使ってきた人には違和感無く使用できると思います。

アプリのアイコンが大きいのと適度な感覚でアイコンが設置されているので、私はこのグリッド表示で使用しています。

初期設定の状態ではこのグリッドが設定されています。

Galaxyグリッド設定5

<4×5>のグリッドは、iPhone6から機種変更をした人には特に違和感無く使用できるのではないでしょうか。

Galaxy S6のデザインも相まって、まるでiPhone6を使っているような錯覚におちるようなおちいらないような…

Galaxyグリッド設定4

<5×5>のグリッドは、とにかくホーム画面にたくさんのアプリやウィジェットを表示させたい人向けな設定です。

各グリッドの中でもこのサイズがいちばんアプリやウィジェットのレイアウトに自由度が増します。

ただ、アイコンは小さく、感覚も狭まるため、目的のアプリを探すのに少々手間取るかもしれません。

Galaxyグリッド設定3

私の個人的な意見を言えば、この機能がGALAXY Note Edgeにもあればよかったと思います。

Galaxy S6/S6 edgeでは<5×5>のグリッドが使いづらく感じているのですが、大画面のGALAXY Note Edgeであれば、アプリのアイコンやウィジェットを左右どちらかに固めて、片手でも操作しやすい配置にできたんじゃないかと思うのです。

まあ、GALAXY Note Edgeはエッジスクリーンにアプリが置けるからいいか(^^)



スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)