最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

[最軽量モデル]軽量折りたたみリュックを探しているならソロツーリストのポケットデイパック一択!!

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

最近、務めている職場で海外に出張をすることになった。

私は海外に行くときもなるべく荷物を少なくしたいので、キャリーバッグなどは持たずにポーターのタンカー3WAYブリーフケースに収まるだけの荷物だけを持っていく。

しかし、これだと出先で急に荷物が増えた時に対応出来ない時もある。

以前ブログで紹介したユニクロの折りたためるトートバッグをカバンに忍ばせておく手もあるが、それだとブリーフケース+トートバッグということになり、両手が塞がってしまう。

出来れば手が空いている状態を作りたいので、折りたためるリュックを探すことにした。

候補としてはユニクロ、無印良品の2つだったのだが、ネットの大海原を航海していると、2つのブランドのものよりも機能的+軽量なものを見つけたので、今回はレビューがてらそちらの紹介をしていこうと思う。

いったいどんな製品なのか?

それでは見ていこうか(^^♪

スポンサーリンク

『ソロツーリスト ポケットデイパック』

折りたたみ リュック 軽量

届いた時点ですでに小さい^^;

折りたたんだ状態では手のひらサイズで、手に持ってみると驚くほど軽い。

パッケージを見ると、デイパックタイプ以外にも、ブリーフケースやトートバッグといったバリエーションがあるようだ。

折りたたみ リュック 軽量

裏返してみると、収納されているものが何なのかを表すイラストがプリントされている。

折りたたみ リュック 軽量

生地は引き裂き強度に定評のあるリップストップナイロンが使用されている。

最悪穴が空いてしまったとしても、それ以上に裂けることがない生地なので、薄いからといって神経質になることもない。

折りたたみ リュック 軽量

ユニクロや無印良品製のものにはついていないDカンが付いている。

カラビナなどでカバンやズボンに引っ掛けて携帯することが可能だ。

折りたたみ リュック 軽量

折りたたまれた状態のものを開いてみると、突然荷物が増えた時に最適なサイズ感となっている。

折りたたみ リュック 軽量

もともとリュックが収納されていた部分はダブルファスナー仕様になっていて、この部分を収納として使うことが出来る。

折りたたみ リュック 軽量

中に仕切りは無いので、キチンと整理して物を入れるには別に仕切り用品を購入する必要がありそうだな。

私は急に荷物が増えたときの非常用として購入したので、この辺は特に気にしていない。

折りたたみ リュック 軽量

肩紐はバンドタイプになっていて全くと言っていいほどクッション性がない。

まだ中に荷物を詰めてないのでなんとも言えないが、おそらく重量のある荷物を入れて背負うと、バンドが肩に食い込んで痛みを感じそうだな^^;

ユニクロや無印良品の折りたためる系製品をレビューしたときにもお伝えしたが、この手の製品は広げたはいいが、いざ折りたたもうとするとなかなか折りたためなかったり、なんとか折りたためたとしても元の形とは程遠いものになってしまうものがある。

この製品はその辺がどうなのか検証するために、広げて早々に折りたたんでみることことにした。

折りたたみ リュック 軽量

まずは背負う側を上にして置こう。

折りたたみ リュック 軽量

片側を折りたたみ、

折りたたみ リュック 軽量

もう片側も同じように折りたたむ。

折りたたみ リュック 軽量

その状態でクルクルと巻いていき、

折りたたみ リュック 軽量

最後はファスナーを閉めて収納完了だ!

折りたたんだ感想としては、ユニクロや無印良品の折りたためる系製品よりも断然に収納しやすかった。

これはしばらく旅の良い相棒になりそうだ(^^♪

さいごに。

今回は『[最軽量モデル]軽量折りたたみリュックを探しているならソロツーリストのポケットデイパック一択!!』ということで、「ソロツーリスト ポケットデイパック」を紹介したがいかがだっただろうか(^^?

この記事を読んで製品に興味を持たれた方がいたら、ページ下部に製品リンクを載せておくので、是非一度お試しいただきたい(^^♪

記事内で紹介した製品はコチラ↓



スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)