最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

[未体験のつけ心地]ゲバルトGIストレッチベルト!長いときの調整方法や締め方なども解説あり

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

皆さんがしているベルトは快適なものだろうか?

私は少し前まではホワイトハウスコックスのレザーメッシュベルトを愛用していた。

メッシュベルトはその構造上、ベルトの穴の位置を気にしなくてもいいのでとてもラクだ。

しかし、最近レザー特有の重量感とラフな服装には合わせづらいデザインが少々気になってきたところだ。

普段使いに最適で、軽量かつ雑に扱っても罪悪感がなく、それでいてデザイン的に難が無いベルトはないものかと、いつものようにネットの大海原を航海していると、ある製品が私の目に飛び込んできた。

それが、今回ご紹介する『ゲバルト GIストレッチベルト』だ。

いったいどんなベルトなのか?

注文していた商品が手元に届いたので、さっそく口コミがてらレビューをしてみよう。

スポンサーリンク

ゲバルト GIストレッチベルト

ゲバルト ベルト 長い 締め方

いつものごとくまずは製品パッケージの画像だ。

商品名などはどこにもプリントされていないな。

おそらく元々パッケージに入れて販売されているものではない為だろう。

早速パッケージからベルトを取り出してみようか。

ゲバルト ベルト 長い 締め方

なんとも私好みなシンプルなデザイン(^^)

手元に届くまで知らなかったのだが、バックルに使われている素材はどうやらプラスチック系のもののようだ。

これについては好みが分かれるところだろうが、私は今回軽量なベルトを探していたためこれは思わぬ収穫だ。

本体裏面にはブランドロゴが縫い付けられている

ゲバルト ベルト 長い 締め方

装着してしまえば外から見えることはないのだか、欲を言えばもう少しさりげないデザインのものにしてほしかったと思う。

ゲバルト ベルト 長い 締め方

このベルトの一番の特徴といえるのが本体素材ではないかと思う。

画像では伝わりにくいのだが、引っ張るとかなりの伸縮性がある。

伸縮性がありながらも丈夫なゴムを使用しているため、すぐに伸びてへたると言ったことはなさそうだ。

普通のベルトは長時間つけていると腰の骨のあたりが痛くなってくるのだが、このゲバルト GIストレッチベルトは本体素材が軟質なため、少々キツめにベルトを締め上げたとしてもそのようなことはない。

このベルトはサイズ展開がない為、購入時の状態ではかなりの長さがある。

私は痩せ型なためベルトの長さを調節するために端をカットした。

ゲバルト ベルト 長い 締め方

バックル部分を指で上に起こすとベルトを止めている部分のロックが解除され、ベルトとバックルが分離するので、あとは好みの長さにベルトをカットしたのち、逆の手順でバックルを装着しよう。

さいごに。

今回は『[未体験のつけ心地]ゲバルトGIストレッチベルト!長いときの調整方法や締め方なども解説あり』ということで、ゲバルト GIストレッチベルトの紹介をしたがいかがだっただろうか?

このベルトを付けて1日行動してみたが、これまでに体感したことない付け心地だった。

あまりの快適さにベルトを付けているのを忘れてしまうほどだ。

プラスチッキーなバックルは好みが完全に分かれるだろうが、これを許容できる方にとっては間違いなくオススメなベルトである。

この記事を読んで、ゲバルト GIベルトに興味を持たれた方がいたら、ページ下部にリンクを載せておくので、是非一度お試しいただきたい(^^)

記事内で紹介した製品はコチラ



スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)