最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

[管理人おすすめ]ネックピローはバスや飛行機など長距離移動の必需品

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

私は出張で海外に行くことがあるので、このネックピローと言うものには大変お世話になっている。

しかし、度重なる使用によって空気漏れが発生してしまったため、新しくネックピローを買うことにした。

どうせなら今まで使っていたものよりもいいものにしようと思い、ネット大海原を航海しているとある一つの製品に辿り着いた。

それが今回ご紹介する『Purefly ネックピロー』だ。

早速どんな製品なのか見ていこう。

スポンサーリンク

長距離移動の必需品『Purefly ネックピロー』

ネック ピロー おすすめ 飛行機

まずはコチラがパッケージ外観。

製品本体にパッケージが巻きつけてあるタイプのもののようだ。

ネック ピロー おすすめ 飛行機

裏面には製品の使い方が表記されいる。

表記はすべて英語になっているが、画像を使って使用方法を紹介しているので、使い方に手間取ることはないだろう。

ネック ピロー おすすめ 飛行機

パッケージから本体を取り出してみるとこんな感じだ。

この袋の中に本体が収まっているのだが、この時点ですでにさわり心地がいい。

ネック ピロー おすすめ 飛行機

袋から本体を取り出してみると、袋と同素材のネックピローがお出ましだ。

まだこの時点では装着をしていないが、すでに肌触りがいい製品であることが容易に想像できるな。

このPurefly ネックピローは空気を入れるタイプのものだが、空気の入れ方が大変ユニークである。

ネック ピロー おすすめ 飛行機

空気を入れるには画像に移っている黒い空気弁を外した状態にし、手前にある丸い膨らみ(内蔵ポンプ)を指で繰り返し押さえよう。

ネック ピロー おすすめ 飛行機

しばらく空気を送り続けていると数分とかからないうちに使用できる状態になる。

使用できる状態になったら、空気を入れる前に開けていた空気弁を閉めて完成だ。

この空気を内蔵ポンプで入れる方式を採用したのは私としては大変ありがたい。

口で直接空気を送り込むタイプのものは繰り返し使っているとなんだか衛生的でない気がするからだ。

パンパンに膨らんだコイツを自分の首にセットしてみると、柔らかな肌当たりと、独特の形状をした本体によって首をしっかりとサポートし快適な状態にしてくれる。

また、こういった製品にありがちな変な臭いもしない。

ただ、たためるシリーズ記事のときからクドいようだが、こういったたためることをウリにしている製品は、たたむのにとても苦労したり場合によってはもとの形とは全然違った感じになるものも少なくはない。

この製品の場合はどうなのか?早速、空気を抜いて収納してみよう。

ネック ピロー おすすめ 飛行機

空気を抜く時は先程閉めた黒い空気弁を開け、中にある丸いボタンを指で押すようだ。

ネック ピロー おすすめ 飛行機

ボタンを押しながら、ネックピロー本体を端からクルクルと巻くようにすれば効率的に空気を抜くことが出来る。

空気が抜けたら丸めて付属の袋に押し込めば完成だ。

今回は『[管理人おすすめ]ネックピローはバスや飛行機など長距離移動の必需品』ということでPurefly ネックピローのご紹介をしたがいかがだっただろうか?

この記事を読んで製品に今日を持たれた方がいたら、ページ下部に製品リンクを貼っておくので興味のある方は一度お試しいただきたい。

記事内で紹介した製品はこちら↓



スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)