最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

[iPhone対応]スマホのバッテリー消費が激しいアプリを見つけ出す方法

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

最近なんだかバッテリーの減りが激しくなってきたように感じていませんか?

バッテリーの減りが激しくなる原因としてよくあげられるのが、バッテリー本体の劣化や長時間の動画鑑賞と言われいていますが、どうやらソレ以外にも原因があるということが判明しました。

それはバッテリー消費の激しいアプリを使用しているときです。

とはいえ、どのアプリがバッテリー消費が激しいのかわかりませんよね?

沢山アプリをインストールしているユーザーにとってはさらに見つけづらいのではないかと思います。

私も割りと多くのアプリを入れているユーザーなので、一発でバッテリー消費の激しいアプリを探し出して対処し出来る方法がないかと思い、ネットの大海原を航海していると、ある方法にたどり着きました。

ということで、今回はバッテリー消費が激しいアプリを1発で探し出す方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バッテリー消費の激しいアプリを見つけ出すには?

今回ご紹介する方法は特別にアプリをインストールしたり、難しい操作を一切行いません。

では、どうやって調べればいいのか?

それはiPhone本体にもともとインストールされているあるアプリを使うのです!!

そのあるアプリというのは『設定アプリ』です。

もう、完全に盲点でしたね^^;

それでは、設定アプリを使ってバッテリー消費の激しいアプリを探し出す方法をご紹介していきましょう。

まずは、設定アプリを起動します。

起動したら『設定>バッテリー』と進んでいき【バッテリーの使用状況】という項目を参照する、、、それだけです!!

スマホ バッテリー 消費 アプリ

私の場合はGoogle Mapが76%とバッテリー使用の半分以上を占めているという結果となりました。

今回の結果はカーナビ代わりにマップを使っていたという認識があったので、当然の結果となってしまったのですが、特に心当たりがないというユーザーにとっては大変便利な機能だと思います。

最近、バッテリーの減りが早くなったと感じている方はぜひ一度この方法をお試しください(^^♪



スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)