最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

[LINEユーザー必見]アカウント乗っ取りの手口とは!?

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

LINE,アカウント,乗っ取り

先日、私のLINEアカウントにこのようなメッセージが入りました。

なにやら私のアカウントに誰かがログインを試みて失敗したという内容のようです。

今回はたまたま失敗してくれたのですが、これって実はアカウント乗っ取りの一歩手前えの状態なんですよね^^;

そこで、今一度LINEの乗っ取り被害について考えると共に、このブログを読んでくださっている皆さんへの注意喚起の意味も込めて、LINEアカウント乗っ取りの手口と予防方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

LINEアカウントの乗っ取りの手口

アカウントのリストを利用した総攻撃

この手口は不正に入手したネット上の様々なサービスのアカウントパスワードとログインIDを利用して片っ端からログインを試みるという方法です。

これはLINEに限ったことではないので、もし仮に複数のサービスで同じIDやパスワードを設定している人は、この手口によって複数のサービスを一度に乗っ取られる可能性があります。

もし、複数のサービスで同じIDやパスワードを設定しているという方は、今すぐ登録情報の変更をすることをおすすめします。

スパムメールを利用した乗っ取り

メールなどを利用したことがあるユーザーであれば一度は目にしたことがあるであろう迷惑の部類に入るメールを利用した乗っ取り方法です。

メール内に記載されたURLリンクを選択するとアプリのダウンロードやウェブサイトに飛び、その先でアカウントを乗っ取るという手口です。

アプリのダウンロードや連携を促されたりするようなタイプのものもありますが、そういったものはアカウント乗っ取りの危険性が高いと言えるでしょう。

特に見の覚えのないメールに記載されているURLには要注意ですよ。

乗っ取り被害にあわないためには

他人ごとだと思わない

乗っ取りに会わないためにまず大切なことは、自分だけは大丈夫だと思わないことです。

危機管理などというものは普段なにもないときには見えず、いざ自分が危機的な状況に陥ってしまったときに、はじめてその大切さに気づくものです。

同じパスワードやIDを複数のサービスで使いまわししない

これはLINEに限ったことではありません。

この記事でも紹介したように、パスワードやID情報などはどこかで不正に入手されています。

もし、自分の情報が不正に入手されたリストにある場合、その情報をもとに様々なサービスが一度に乗っ取られ、最悪悪用される危険性があります。

そうならないためにもパスワードやIDといった情報は、できる限りサービスごとに違ったものにすることを強くおすすめします。

LINE2段階認証を利用する

2段階認証を利用すれば乗っ取り被害にあう確率を減らすことが出来ます。

2段階認証というのは、ログインをする際、あらかじめ登録しておいた連絡先に2段階認証用のコードが記載されたメッセージが送信され、その中に記載されているコードを入力してログインするというものです。

最近ではこの2段階認証はLINEのみならず、様々なサービスで利用することが可能となっています。

正直、ログイン時にいちいちコードを入力するのは面倒なのですが、自分の身を守るためにもこの手間は惜しまないのが懸命ですね。

被害にあってしまったら

被害にあってしまった場合は即、問い合わせフォームを使ってLINEの運営側に通報をしましょう。

運営側にアカウントの停止を行ってもらい、これ以上被害が拡大しないようにするためです。

ただし、この方法を取る場合、乗っ取られたアカウントは返ってきません。

ですが、連絡先に登録している人たちにも被害が及ぶ可能性があるので、それを防ぐためにも潔くアカウントの停止を運営側に申請しましょう。

さいごに。

[LINEユーザー必見]アカウント乗っ取りの手口とは!?ということで、乗っ取り被害の手口とそれにあわないための方法をいくつか紹介しましたがいかがでしたか?

今となっては生活になくてはならない存在にありつつあるLINEですが、便利な反面、個人情報の漏洩など危険性もはらんでいます。

LINEを便利なアプリとして使い続けるためにも普段からセキュリティには気を配り、快適なLINEライフを送りましょう(^^♪



スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)