最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

Android file transferを使えばMacとのファイルのやり取りが捗る

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)

このブログを立ち上げた当初はWindowsを使っていたのですが、今ではMacで作業することが多くなってきたんですよね。

Macに切り替えた時にはこれといって使いにくいと感じることはなかったのですが、一つだけ気になる点がありました。

それは、USBの転送ケーブルをつかってパソコンと接続した時の違いです。

Windowsの時はAndroid端末をパソコンに接続しただけで自動的に、端末内のデータにアクセスできたりしていたのですが、Macではケーブルで接続しただけでは端末を認識してくれないんですよね^^;

Dropboxを使ってMacとAndroid端末とのデータ交換をしていたのですが、これだと容量の大きなファイルの転送に少々難があります。

大きなデータの転送にはやっぱり有線で接続したほうが何かと便利ですよね。

MacにAndroid端末を認識させるために何かいい方法はないかと調べたところ、『Android file transfer』というMac専用アプリを発見したので、今回はこちらを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Android File Transfer

Android file transfer

先ほどお伝えしたように、MacではAndroid端末を接続しただけでは認識されません。

MacにAndroid端末を認識させるにはAndroid File Transferというフリーソフトをダウンロードする必要があります。

ダウンロードサイト→ https://www.android.com/filetransfer/

上記のURLからダウンロードサイトに移動したら、DOWNLOAD NOWという表示があるので、そちらをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードとインストールが完了したら、ロック画面を解除したAndroid端末をUSB転送ケーブルで接続したのちAndroid File Transferを起動しましょう。

ここで、ロック画面を解除していなかったり、Android端末をUSB転送ケーブルで接続していないまま、Android File Transferを起動すると、警告メッセージが表示されて正しく認識されないので注意が必要です。

ちなみに、一度MacでAndroid端末を認識したあとは、次回からUSB転送ケーブルでAndroid端末を接続しただけで自動的にAndroid File Transferが機動するようになります。

起動したらAndroid端末内のデータの一覧が表示されるので、転送したいファイルをドラッグ・アンド・ドロップでMac内に転送が可能になります。

ただし、Android File TransferからはAndroid端末内のデータを開いたりすることができないようなので、データを開きたい場合は、いったんMac内にデータを転送したのちファイルを開きましょう。

さいごに。

Android File TransferというMac専用のデータ転送アプリの紹介をしましたがいかがでしたか?

Android File Transferは初回起動時の認識さえ済ませてしまえばあとは難しい操作も必要なく、簡単にMacとAndroid端末でデータの転送を行うことができるので、大変便利です。

ただ、Android File Transferから直接ファイルにアクセすることができないというのは少々不便に感じますね。

ここらへんが改善されるとさらに使いやすくなるのですが、これは今後のアップデートに期待ですね。

フリーで公開されているアプリなので、MacとAndroid端末といった使い方をされているユーザーはダウンロードをおすすめしておきます。

アプリの使い方がわかりづらい、または記事の内容がわかりづらい場合は、問い合わせフォーム、またはコメント欄よりコメントをください(^^♪



スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます!!お役に立ちましたらシェアをして頂けると嬉しいです(#^^#)